骨つぼ

posted in: 未分類 | 0

先日、樹木希林さんのお葬式の際、ご主人の内田裕也さんが希林さんのあごの骨の一部を箸で拾い
ハンカチに包んで持って帰ったと ニュースなどで知りました。
去年亡くなった祖母も 祖父が亡くなったあと 骨つぼからお骨のかけらを取り出し
ペンダントに入れて持ち歩いていました。

仏教とか宗派の教えとかいうのではなく、ただ 亡くなった大切な家族を身近に感じていたい
ということなのだと思います。

最近は、お仏具の展示会に行くと 自宅に少しだけ残しておくための 小さくて可愛い骨つぼが
たくさん出品されています。とてもカラフルで 見ていて 『骨つぼ』 だということを忘れてしまいます。

今月、たて続けに女性の方が来店され 小さな骨つぼを買って帰られました。
お一人は、お墓が自宅から遠く なかなかお参りに行けないから と。
また、別の方は お墓を作らず 四天王寺の一心寺さんへ納骨する予定で、手元に少しだけ残していきたい
との事でした。

一番人気のものは、パールホワイトのたまごの形をしたタイプです。
蓋がねじ式なので 倒れてもこぼれません。

気になる方や悩んでおられる方も、どうぞお気軽にご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です