お念珠修理

posted in: 未分類 | 0

お仏壇や経机の引出しに 切れてしまっていたり、房の色があせてしまったお念珠はございませんか。
ご家族が大切に使っておられたものであれば、お修理をおすすめします。

職人さんへお願いするので 日数と費用はかかりますが、
房の色が若い感じで使いにくい場合も、落ち着いた色に替えられますので
とても喜んでいただいております。

日本の伝統色には、紫色でも 『藤色』 のような淡い色から 『古代紫』 のような
深い紫色までたくさんあり、色にもそれぞれ
『梅鼠(うめねず)』 『茜色(あかねいろ)』 『煤竹色(すすたけいろ)』 『茄子紺(なすこん)』
など、趣のある名前がついています。

お店に、房の色見本がございます。
お持ちのお念珠にベストマッチするお色を 見つけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です